送付前に守るべき手順

パソコン修理

修理会社にメディアを送る際のルール

ハードディスクなどのパソコンで使われている記憶メディアは、何らかの原因によって呼び出せなくなることがあります。もし重要なデータが入っている場合には、専門の復旧業者に依頼してみましょう。ハードディスクの中身を調査して取り戻してくれます。データ復旧のサービスを利用するには、壊れた機器を宅配便を使って送付するところから始めます。この時に知っておきたいのが、ハードディスクなどをパソコンから取り外す時には静電気を与えてはならないということです。実はハードディスクなどの精密機器は静電気に非常に弱く、迂闊に触ってしまうと内部を完全に壊してしまう恐れがあります。人間の体には特に空気が乾燥する冬場になるとかなりの静電気が溜まっているため、そのまま取り外しの作業を行うと致命的です。ドアノブなどの金属で作られたものに触れて、体に溜まっている静電気を逃がしてから作業を行うようにしてください。取り外したハードディスクをデータ復旧業者に送付する際にもルールがあります。精密機器なので梱包の仕方が悪いと内部が壊れてしまうからです。ただダンボール箱に入れるのではなく、必ず本体の周囲をエアクッションなどで包むようにしてください。これだけでも外部からの衝撃を吸収して本体にダメージが伝わるのを防ぐことができます。ハードディスクの状況によっては、事前に知らされた修理にかかる時間よりも長くなることがあります。特に容量いっぱいまで詰め込んでいる場合には、作業が困難になるためさらに時間がかかります。もしデータ復旧会社から予定されていた時間より長くなっても、クレームを入れるといったことは決して行わないようにしましょう。

Copyright© 2021 復旧サービスを利用することでデータを取り戻す All Rights Reserved.